街角の浅い眠り

c0158407_22325129.jpg
ごちゃごちゃとうるさいくらいに品のない率直な言葉たちが散らばって耳障りなのだけれど、新宿という街角の薄灯りの中で、少しでも眠らなければ明日を走る気力も体力も取り戻せないのだから、どうにかして眠ろうと思う、そうしてもう4時間が白々しくすぎている、朝の喧噪を思うだけで車輪は冷たい汗をかく、またいつもの浮かない顔が、サビつき始めたペダルを踏みにじって、誰とも知れない人ごみの中を器用に縫いながら走らされるのだと考えると、いよいよ寒くなり始めたアスファルトの上にポタポタと冷や汗が滲み落ちていくのだ、午前2時の吐息を、僕は僕自身で聞くことが一向にできないでいる、抽象的な意味としても。
[PR]
by eureka_kbym | 2017-02-28 22:42 | X100T | Comments(0)

little island walking,

現在、EOS6D EOS5Dmark2 X100 X100Tを主に使ってあちこち撮り歩くだけのブログです。

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30