カテゴリ:X100T( 93 )
X100T

衣替えの季節

季節が変わろうとしている、その節目に新たな色合いの衣服を身につける、気分は変わらない、漆黒の中で背骨は深く沈んでいる。

2017年 03月 01日

X100T

街角の浅い眠り

ごちゃごちゃとうるさいくらいに品のない率直な言葉たちが散らばって耳障りなのだけれど、新宿という街角の薄灯りの中で、少しでも眠らなければ明日を走る気力も体力も取り戻せないのだから、どうにかして眠ろ...

2017年 02月 28日

X100T

つまずき

僕だけがつまずいているのだ。他の誰もが当たり前に日々を送っているというのに。

2017年 02月 21日

X100T

10年ぶりの銀座1丁目

いつの間にかホームに壁ができていた。殺風景なのは前からずうっと変わらないのだけれど。

2017年 02月 21日

X100T

銀座の隙間

銀座の華やかさから一転、ビルの隙間から見える光がまぶしく映った。

2017年 02月 19日

X100T

秋空の煙突

まっすぐに伸びてゆき、そこからすとんと途切れてしまったのだ。秋空にその手は届かない。

2017年 02月 11日

X100T

代官山を歩く

2017年 02月 06日

X100T

歩道橋

渋谷のこの橋を渡ると、だんだんと若々しさから程遠くなっていくのを知る。

2016年 12月 05日

X100T

背中で語る平日

雨が降り始めたのだから急いで帰るのが良いのだけれど、まだ残されたなんやかんやが僕の足を急がせる。

2016年 11月 29日