カテゴリ:X100T( 93 )
X100T

景に問ふ

わたしの主体性はいったいどこへと行ったのだろうか。

2016年 03月 17日

X100T

気がかりな風。

お正月の浮ついた気分が木の枝にかかったままだった。

2016年 02月 22日

X100T

歩幅くらいの呼吸

見落としてしまったものを拾いあげる作業のようだ、と思う。

2016年 01月 31日

X100T

風雨に晒されても

もう何年もここにあるこの椅子たちは、雨風に晒されて、すっかり本来の役目を果たすことはなくなっているはずなのだ。

2016年 01月 31日

X100T

こっちむいてよ

手が出ない足も出ないで僕はそっぽをむく。後ろから指してくる指は気にしないでおく。

2016年 01月 28日

X100T

ワハハ美容院

笑う門には福来る、って言ってもね。

2016年 01月 28日

X100T

背中で語る

ツイッターで、実に多くの人が滅びの呪文を唱えるというが、そもそも僕はツイッターをしていないので、その連帯感がよくわからない。

2016年 01月 18日

X100T

Y24

X100T うまく並んでしまえば楽なのに、ほんのちょっとだけ違うことをしてみようと思うは凡人。

2016年 01月 10日

X100T

めざめ、ながめ、

カーテン越しの東京は鈍い陽射しに洗われていた。

2016年 01月 08日