EOS6D

真冬の散歩道

その背中には新しい年を迎えた時の明るい雰囲気が滲んでいた。

2017年 03月 25日

X100T

かさかさ

空気が乾いている。打ち捨てられたお前も、喉が乾いているのか。

2017年 03月 05日

X100T

渋谷歩道橋

カメラを構えたら、ふと人の軌道がずれていった。僕は忌み人。

2017年 03月 05日

X100T

街角の浅い眠り

ごちゃごちゃとうるさいくらいに品のない率直な言葉たちが散らばって耳障りなのだけれど、新宿という街角の薄灯りの中で、少しでも眠らなければ明日を走る気力も体力も取り戻せないのだから、どうにかして眠ろ...

2017年 02月 28日

X100T

10年ぶりの銀座1丁目

いつの間にかホームに壁ができていた。殺風景なのは前からずうっと変わらないのだけれど。

2017年 02月 21日

X100T

銀座の隙間

銀座の華やかさから一転、ビルの隙間から見える光がまぶしく映った。

2017年 02月 19日

EOS6D

海峡を見やる

海の向こうは九州で、歴史がここに沈んでいるのに、僕らはもっぱら河豚の薄造りを物欲しそうに眺めていた。

2017年 02月 12日

EOS6D

青空が似合わない

パステルカラーのような青空がこちらを見てせせら笑っている。

2017年 02月 12日

X100T

代官山を歩く

2017年 02月 06日

X100T

歩道橋

渋谷のこの橋を渡ると、だんだんと若々しさから程遠くなっていくのを知る。

2016年 12月 05日