境界の向こう

c0158407_06475471.jpg





 写真のことを考える、というより、写真をどうやってするかを考えることが多い。どう撮るのかを考える。
 気候がよくなったせいか、とにかく家を出てさんざん歩きながら撮りたいという欲求がふつふつと生まれてくる。
 家庭人だからそんなことできないし、実際にできる時間や条件が揃ってもやらないんだろうなあ、とは思うのだけれど、カメラぶら下げて、とにかくひたすら知らない街を出歩きたいと思う。
 自転車とカメラでお世話になっている方は、どちらかというと雑草や、木々を撮るのが好きなのだそうだ。
 僕は人工物と人間と、自然物が絶妙な加減で入っている光景を好むらしい。アスファルトに落ちた葉っぱ。建物の壁に差し込む光。人の背中に防波堤に連なる電柱。エモーショナルなもの。
 でもそのエモーショナルなものを、どうやったらエモーショナルに切り取れるのか。それがうまくいかないし、僕が見ているものははたして他人が見たいものと一致できているのか、その自信がない。もっと言えば、他人が見たいものと一致した上で、その他人が見たいもの以上のものを見せられるか。
 そう考えると、僕にとっての写真はあくまで趣味で、その領域を出ることはないのだな、出ようとはしないのだな、と改めて思う。
 だからどう撮るのか、だ。趣味なのだから、好きに撮ればいい。ブログももう自己満足の極みで、時折ありがたいコメントをいただくけれど、それにも忙しさにかまけて失礼することが多くなった。
 垂れ流しているだけ垂れ流している。
 だから、どう撮るのかは、シャッターを押すだけの話ではない。
 趣味なら趣味なりに、なにかもうひとつくらいステップアップしたいと思う。
 それが機材の購入につながってしまうのだけれど、そういう話ではないことは、まあ、うん、分かっている。
 分かっているけどやめられないのは、植木等以来そうなのだからそこは堪忍いただきたいのだけれど(主に妻に)。
 どう撮るか。自分の凝り固まった思考をほぐすために、いい写真を観て、いい音楽を聴いて、いい映画を知って、家族と話して、風を感じて、あるいはいつもと違った道を帰ったりして…でも、とりあえずはやっぱりカメラを握るしかないのだろうけれど。
 
c0158407_06522383.jpg

[PR]
by eureka_kbym | 2018-04-06 06:52 | EOS6D | Comments(0)

little island walking,

現在、EOS6D EOS5Dmark2 X100 X100Tを主に使ってあちこち撮り歩くだけのブログです。http://eureka69.exblog.jp/fp/cameras

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31