人気ブログランキング |

中之又神楽 2018

c0158407_06534519.jpg




c0158407_06481106.jpg
c0158407_06481514.jpg
c0158407_06482252.jpg
c0158407_06482817.jpg
c0158407_06483321.jpg
c0158407_06483788.jpg
c0158407_06484344.jpg
c0158407_06484990.jpg
c0158407_06490243.jpg
c0158407_06493478.jpg
c0158407_06493898.jpg
c0158407_06494466.jpg
c0158407_06494928.jpg
c0158407_06500529.jpg

 寒さに弱くなった。子どものころは裸足で元気よく登校していたのに、二十代のころは下着、シャツ、ジャケット、外に出る時間が長いときはそこにコートを羽織るくらいで、それ以上着込むことはしなかった。が、寒いときに寒いのをガマンできなくなってきた。
 だから、これまでの神楽撮影でもあれこれと着込んでは来たものの、何枚重ねても重くなるだけ、夜中を過ぎれば颪が吹いてきてたまらない。そこで、今回は寒さ対策をしっかり調べて臨むことにした。冬場に自転車で走るときの参考にもなるからね。
 というわけで、まずは湿気を吸収し、速乾性のあるシャツを肌着に一枚、その上に起毛のあるワーキングシャツを一枚着て、それにロングTシャツを気持ち重ね、その上からダウンジャケットを着込んだ。このダウン、どうせ焚き火で穴を開けてしまうだろうし、とリサイクルショップで500円で買った代物だが、こいつが軽く、そして暖かい。暖かいから、仕事場に行く際も手放せなくなった。スタイルはナニだけれど、そんなこと気にしないくらいだ。これで十分暖かく、平地では冬だと言うのに汗をかくくらいだけれど、その上にユニクロのブロックテックパーカを着込む。ダウンとウインドブレーカーの順番が逆じゃないか?と言われそうだけれど、調べてみるとダウンの上に風を防ぐものを着たほうがいいらしい。むしろ、ダウンが空気を孕むようにするには、上に何も着ないほうがいいし、ダウンの下にもいろいろ着て熱源(つまり地肌)から離さないほうがいいとも書いてある。
 とにかく上はそんな格好で、さらに寒くなってきたらコートを羽織ればいいと、それを用意する(結局かなり重ね着することになるのは・・・まあ・・・)問題は下半身だ。タイツを2枚はき、起毛のあるタイツをはき、その上から厚手のパンツをはこうとして、あまりにきつくて断念。薄手のパンツで見た目を補うという作戦に出た。すると夜中を過ぎて颪が吹き始めると足から寒さが伝わってくる。靴下は保温効果のある靴下、薄手と厚手を二枚重ねているからそうでもないが、足首の上から太ももまでが異様に寒く感じてくる。ただ、その頃には上半身も寒さを感じてきて、そうそう、ちょうどその日は12月に入ってから今季最高の寒さを記録した日である。平地でマイナスになるかってところだから山だと確実に寒い。南国育ちには地獄である。いよいよ用意していたコートを羽織ろうとする。しかし、ただでさえブロックテックパーカがダウンのもこもこでぱっつんぱっつん、コートが入らない。仕方がないとそれを着ることはせず、さらに用意しておいた着る毛布を羽織った。暖かい。コートは足元を温める。だいぶ暖かい。いつもは足元に火のある場所にいるのだけれど、先客もいるし、違う場所から撮影したかったのもあって、火のない正面から撮影、でも、ここまで暖かくしているとどうにかなるものである。そうして結局は、いつもと同じもこもこの姿になった僕は、そのまま数時間寝落ちをしてしまうことになったのだった。
 それにしても、舞手の方々は体を動かしているということを差し引いても、よくもそんな薄手の格好をしていられるな、と思う。さらには太鼓や笛の方々、今年は風を防ぐ小屋が出来ていたけれど、ストーブや手先を温める火鉢を見るにつけ、相当に寒いだろうな、と思う。寒さの中でみる焚き火は、妙に自分を励ます。吐き出す白い息。この寒さが、神楽を見にきたのだな、と思わせるものだという実感を催すのは確かなことだ。
c0158407_06501019.jpg
c0158407_06501436.jpg
c0158407_06501833.jpg
c0158407_06502112.jpg
c0158407_06503072.jpg
c0158407_06503534.jpg
c0158407_06503992.jpg
c0158407_06504677.jpg
c0158407_06505038.jpg
c0158407_06510473.jpg
c0158407_06511399.jpg
c0158407_06511765.jpg
c0158407_06512350.jpg
c0158407_06512672.jpg
c0158407_06513182.jpg
c0158407_06513838.jpg
c0158407_06514316.jpg
c0158407_06514844.jpg
c0158407_06515436.jpg
c0158407_06515837.jpg
c0158407_06520655.jpg
c0158407_06521414.jpg
c0158407_06521937.jpg
c0158407_06522355.jpg
c0158407_06523013.jpg
c0158407_06523505.jpg
c0158407_06524383.jpg
c0158407_06525012.jpg
c0158407_06525544.jpg
c0158407_06530035.jpg
c0158407_06531650.jpg
c0158407_06532088.jpg
c0158407_06533407.jpg
c0158407_06534519.jpg
c0158407_06535104.jpg
c0158407_06535606.jpg
c0158407_06542111.jpg
c0158407_06542528.jpg
c0158407_06542981.jpg
c0158407_06543840.jpg
c0158407_06544392.jpg
c0158407_06544897.jpg
c0158407_06545482.jpg
c0158407_06545951.jpg
c0158407_06550389.jpg
c0158407_06550776.jpg
c0158407_06551381.jpg
c0158407_06551919.jpg
c0158407_06552337.jpg
c0158407_06553652.jpg
c0158407_06554166.jpg
c0158407_06555406.jpg
c0158407_06560733.jpg
c0158407_06561245.jpg
c0158407_06561746.jpg
c0158407_06562294.jpg
c0158407_06562757.jpg
c0158407_06563179.jpg
c0158407_06564338.jpg
c0158407_06565214.jpg
c0158407_06565633.jpg
c0158407_06570082.jpg
c0158407_06570334.jpg
c0158407_06570893.jpg
c0158407_06571249.jpg
c0158407_06571863.jpg
c0158407_06572257.jpg
 神楽撮影に行く前に、今回ストロボを2つ手に入れた。これまで持っていた480EX2が電池を入れっぱなしにしてしまったせいで接続が悪く、ついたりつかなかったりするのを騙しだまし使ってきたのだけれど、プロカメラマンの生田さんの撮り方に触発されて、多灯撮影をしてみたいと思ったのだ。それに、ストロボが二つあれば、カメラ二台にそれぞれ付けられる。夏祭りの撮影なんかでも重宝しそうだ。そんなわけで、トリガーになる90EX580EX2を購入、90EXをトリガーにして、撮影してみた。当然プロのようにうまくいくわけではなかったけれど、ここ数年、神楽ではストロボを使うようになって、これまで絶対にストロボは使わないぞ、と思ってきた自分にとって、ストロボ毛嫌いがなくなったのは、大きな変化だと思う。ようは使いようなんだよね。
 ただ、舞手にはストロボの光は邪魔だし、まぶしいもののはずであって、禁止と明示されているわけではないけれど、本当は控えたほうがいいのだと思う。ただただ、何も言わないで撮らせていただける環境に、ただただ感謝するばかりだ。
 
c0158407_06572743.jpg
c0158407_06573055.jpg
c0158407_06573448.jpg
c0158407_06573810.jpg
c0158407_06574277.jpg
c0158407_06574637.jpg
c0158407_06575022.jpg
c0158407_06575440.jpg
c0158407_06580326.jpg
c0158407_06580702.jpg
c0158407_06581181.jpg
c0158407_06581569.jpg
c0158407_06581983.jpg
c0158407_06582895.jpg
c0158407_06583317.jpg
c0158407_06583835.jpg
c0158407_06584231.jpg
c0158407_06584706.jpg
c0158407_06585272.jpg
c0158407_06585588.jpg
c0158407_06585992.jpg
c0158407_06590220.jpg
c0158407_06590634.jpg
c0158407_06591088.jpg
c0158407_06591432.jpg
c0158407_06592379.jpg
c0158407_06592740.jpg
c0158407_06593127.jpg
c0158407_06593611.jpg
c0158407_06593975.jpg
c0158407_06594432.jpg
c0158407_06594945.jpg
c0158407_06595338.jpg
c0158407_06595688.jpg
c0158407_07000068.jpg
c0158407_07000460.jpg
c0158407_07000709.jpg
c0158407_07001185.jpg
c0158407_07001498.jpg
c0158407_07001877.jpg

Commented by mzdog43 at 2019-04-02 07:48
神秘的ですね。
適度にぶれているのがリアルなスピード感があって雰囲気いい感じです。
フォローさせていただきました。
また、遊びに来ます(_ _)
Commented by eureka_kbym at 2019-04-02 14:15
mzdog43さん
ありがとうございます。
プロの方はもっと見事にブラしているんですが、なかなかうまくはいきません。修練の度合いが違うんですね。
こちらからもご挨拶に伺います。
by eureka_kbym | 2019-04-02 07:08 | EOS6D | Comments(2)

little island walking,

現在、EOS6D EOS5Dmark2 X100 X100Tを主に使ってあちこち撮り歩くだけのブログです。http://eureka69.exblog.jp/fp/cameras

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30